MNAの世界

ブログをリニューアルしました!コメント、リンク、ツイートなどはお気軽にどうぞ。

ドラゴンクエスト ドラゴンクエスト

Osaka Shion Wind Orchestra ドラゴンクエストコンサート (ドラクエ7,8) in 神戸 参加レポート

投稿日:

イイネ!

最近何かと来る機会が多いこくさいホール。またやってきました!

今回はオオサカ・シオン・ウインド・オーケストラによるドラクエ7,8のコンサートです!

↓オオサカ・シオン・ウインド・オーケストラによるドラクエ4,5,6のレポートはこちら

ドラクエ7

まずはドラクエ7のコーナー。

ドラクエコンサートと言えば「序曲」から始まるのが定番ですが、今回は7らしく静かな曲「エデンの朝」からスタートしました。最初は平和な海辺の町から始まるのが7の特徴ですからね。「王宮のホルン」は聴いた瞬間グランゼドーラの光景が浮かんできますw

「トューラの舞」はドラクエ10 ver.2以降でもお馴染みの曲ですね。この曲を聴くと「この話もそろそろ終わりかなぁ……」と考えてしまいます。イベントの内容、そしてなにより恐怖のムービーで強烈なインパクトを植え付けた「復活のいのり」も演奏されました!もともとは架空の弦楽器で構成されていたこれらの曲ですが、吹奏楽として見事にアレンジされてました。

7を通してやったのはかなり前で10で7の曲を聴いてる時間のほうが圧倒的に長いんですよね。なので7の曲を聴くと10のシーンを思い出すことが多いような気がします。

指揮の方のMCが面白く、オルゴデミーラのセリフをオネエっぽい感じで再現するパフォーマンスもあり会場を沸かせていました! あと風邪気味で声が変だったそうです。ドラクエ7がPSで出ることが発表されてから発売まで3年かかったこととか、当時のことを思い出しながら聞いていました。

ドラクエ8

休憩を挟み、次はドラクエ8のコーナー。

こちらは「序曲」からはじまり、名曲と名高いフィールドの曲「広い世界へ」そして「大草原のマーチ」を聴くことができました!「賛美歌に癒されて」はサビが大迫力!「大聖堂のある街」は当時から人気のある曲で、10と11でも使われてて印象深い曲です。ラスボスの曲「おおぞらに戦う」は「おおぞらにとぶ」のアレンジでこれまた熱いんですよねぇ。メタボだけどw

司会の方が今回もぱふぱふについて語っていました。8のぱふぱふ屋の話や、7で心に傷を負う話など、効果音の生演奏付きでしたw 次回の9のコンサートでもぱふぱふの話をすることを約束されていましたよ!w

アンコール

アンコールは3から「おおぞらをとぶ」と「冒険の旅」。どちらも11とも密接な関係がある曲ですね。「おおぞらをとぶ」は今回のコンサートの流れから来そうな予感がしていたのですが、やはり来ました!

7と8を吹奏楽で聴くのは初めてということで普段聴いているオーケストラ版との違いなどを楽しむことができました。今回は通常戦闘の曲などは無かったのでまた別の機会に聴けることを期待したいです!

セトリ

イイネ!

-ドラゴンクエスト, ドラゴンクエスト
-, , ,


comment

リンクが多数含まれていると表示されないのでご注意ください。(スパム対策)

CAPTCHA


関連記事

no image

DSにドラクエ9登場!

なんとDSにドラクエの続編が出るようです。 外伝ではなく、ナンバリングシリーズが出るとは・・・ 開発もかなり前から秘密裏に行われていたようで、すでに実際の画面写真なども公開されています。 これは楽しみ… 続きを読む

【ネタバレあり】 ドラクエ10 バージョン4.1クリア!

何故だか現代に登場した謎の繭。レンダーシアは次から次へとヤバいことが起きますねぇw ピンチを助けてくれたのはアンルシア! どうして殺しても死なないんだ!? 切ない表情(´・ω・`) どうやら1000年… 続きを読む

トーセプレゼンツ ドラゴンクエスト スペシャルコンサート 交響組曲「ドラゴンクエストXI」 過ぎ去りし時を求めて in 京都 参加レポート

ドラクエコンサートも今回で3回目の参加となります。関西地方の超絶悪天候によって開催を心配していましたが、無事開催されることとなりました。今回はついに11の曲がガッツリ聴けるということで楽しみ! ↓これ… 続きを読む

ドラクエ9 天王寺にて

徳島から大阪に戻ってきました。 叔母の家に寄ったので帰り道は天王寺で乗り換え。 折角なのでしばらくぶらついてすれ違い通信をやってみました。 さすがは天王寺、人がわらわら沸いてきてあっという間に100人… 続きを読む

【ネタバレあり】 ドラクエ10 バージョン4.0クリア!

いよいよバージョン4.0のストーリーを進めていきます!「5000年の旅路 遥かなる故郷へ」というサブタイトルから時渡りの術を使うのでは?とかエテーネに関する話なのでは?など、いろいろ想像が膨らみます。… 続きを読む