MNAの世界

ブログをリニューアルしました!コメント、リンク、ツイートなどはお気軽にどうぞ。

PC、技術系

[Android/Xperia] Xperiaの開発環境を構築しよう!

投稿日:2010年4月28日 更新日:

ちょいと機会があって、スマートフォンについて研究することになりました。
機種の選別ですが、iPhoneは開発にMacがいるようなので却下されましたw
というわけでAndroid機であるXperiaに白羽の矢が当たりました!!!

早速開発環境を構築したのでついでにまとめてみました。
環境は WindowsXP 32ビット です。

ただし、以下の手順は無保証です。
一見動いているように見えて、後々足りないものが出てきたりする可能性はあります。
試す場合は自己責任でお願いします。

■ JDKをインストールする

「http://java.sun.com/javase/downloads/widget/jdk6.jsp」からJDKをダウンロードする。
「jdk-6u20-windows-i586.exe」を実行し、JDKをインストールする。
何も考えずに次へを押せばよい。

■ AndroidのSDKをダウンロードする

「http://developer.android.com/sdk/index.html」でWindows版のSDKをダウンロードする。
「android-sdk_r05-windows.zip」を解凍する。
解凍してできた「android-sdk-windows」をCドライブの直下に置く。

■ Xperiaのアドオンをダウンロードする

「http://developer.sonyericsson.com/wportal/devworld/downloads」で「Android」の「All Android downloads」をクリック。
「Sony Ericsson Xperia X10 add-on for the Android SDK」をクリックしてダウンロード開始。
「102216-XPERIA-X10_SDK_Add-on_r1.zip」を解凍する。
解凍してできた「XPERIA-X10_r1」を「C:\android-sdk-windows\add-ons」に置く。

■ AndroidのSDKをインストールする

「C:\android-sdk-windows\SDK Setup.exe」を実行する。
httpsがどうのこうの言ってくるので「Settings」→「Force https://… source to be fetched using http://…」をチェックする。
「Installed Packeages」で以下のものをAcceptに設定し、インストールする。

・SDK Platform Android 1.6 API4, revision 2
・Google APIs by GoogleInc.,Android API4, revision 2

■ Eclipseをインストールする

「http://www.eclipse.org/downloads/」で「Eclipse Classic 3.5.2 (163 MB) Windows 32bit 」を選択し、ダウンロードする。
「eclipse-SDK-3.5.2-win32.zip」を解凍する。
それを「c:\eclipse」に移動。

■ Android Developer Toolsをインストールする

Eclipseを起動する。
ワークスペースを作る場所を聞かれたら、任意のディレクトリを設定する。

「Help」→「Install New Software」でダイアログを開き、「Add」を押す。
Add Siteダイアログが開いたら以下の項目を入力し、OKを押す。
Name「任意」
Location「https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/」

「Developer Tools」にチェックを入れて「Next」を押す。
いろいろ警告が出るが、無視して構わない。
インストールが終わるとEclipseが再起動される。

■ プラグインを設定する

「Window」→「References」で設定ダイアログを出す。
左のリストから「Android」を選択する。
「SDK Location」に「C:\android-sdk-windows」を設定する。

「Window」→「Android SDK and AVD Manager」で設定ダイアログを出す。
左のリストから「Virtual Devices」を選択。

「New」を押し、「Create ne AVD」ダイアログを出し、以下の項目を入力してから「Create AVD」を押す。
Name「任意」
Target「X10 (Sony Ericsson Mobile Communications) – API Level 4」
SD Card「適当な値(とりあえず1000MiBにしといた)」

■ Xperiaのエミュレータを起動する

「Window」→「Android SDK and AVD Manager」で設定ダイアログを出す。
右のリストから先ほど作成した Virtual Device を選び、「Start」を押す。

「Launch Options」ダイアログが開く。
任意のサイズを入力してから「Launch」を押す。
これでエミュレータが立ち上がる。

実際に画面の部分が表示されるまでにかなりの時間がかかる。
動いてるのかどうか不安になるが、のんびり起動を待つと良い。

-PC、技術系

関連記事

no image

アクセス拒否したい国のIPを調べる方法

ちょっと調べる機会があったので、備忘録として載せときます。 アジア諸国のホストを通じてスパムが送信されてくると言うケースは非常に多く、 今日においてはそれらの対策を迫られることも少なくありません。 簡… 続きを読む

no image

玄箱 復活!!!のはずが・・・

CDを買いに日本橋まで来たため、HDがクラッシュした玄箱を 復活させるためにHDを購入しました。 容量は前回と同じく200G。 そして、これまでの反省も考慮し、奮発してバックアップ用に USBの外付け… 続きを読む

no image

エージェント来たる

先日mixiの外部ブログに対する扱いがあんまりな記事を書いてしばらくするとRSS取得時に来てたのとは別のなんだかよくわからないホストが巡回に来るようになりました。 2007/11/10 12:16:0… 続きを読む

no image

そのURLは正しくない

先日、昼休みに自社の取締役と面談がてら食事をすることになって そのときに新しい名刺を見せてもらいました。 その名刺には会社のURLが書かれていました。 今となっては珍しくも何とも無い光景ですが、URL… 続きを読む

no image

スパムブロック導入

サーバ側で大雑把な拒否設定はできるようになったものの、新たな送信元アドレスは増える一方できりがありません。 そこで、一定時間毎にメールサーバにアクセスし、スパムメールを消し去ってくれるスパムブロックと… 続きを読む