MNAの世界

ブログをリニューアルしました!コメント、リンク、ツイートなどはお気軽にどうぞ。

アニメ 映画

劇場アニメ「君の膵臓をたべたい」 観てきました

投稿日:2018年9月3日 更新日:

少し前に実写版が話題になっており、実写版の予告編も何度か観たことがある本作。原作は「小説家になろう」に掲載されていた作品のようです。リゼロもなろう出身でしたね。

そんなキミスイですが、アニメ版が公開ということで観てきました。ちなみに少し前に実写版がテレビ放映されていたようですが、気付いたのは放映終了直後のため実写版は未鑑賞です。そんなわけで例によって前知識はほぼ無い状態で挑みました!

本編感想

葬式のシーンから始まり、ヒロイン桜良は助からないこと、そして最後にぼくが送ったメールを読んでいたのかどうかがポイントになることが示されます。

時を遡り、ぼくが桜良の共病文庫を拾い、出会うシーンから本編がはじまります。桜良は死ぬまでにやりたいことをリストに挙げ、ぼくとそれらを次々に実行。残りの人生をエンジョイしていきます。

終盤に差し掛かり、プロローグで出てきたメールをぼくが送信。つまり桜良とのメールのやりとりがここで終了することが視聴者に明示されたわけです。桜良の最期をどのように看取るのか、ここからどう盛り上がるのか!?とドキドキしながら観ていたのですが……

え?そこで死ぬの?

まさかの通り魔END…… 続いて共病文庫のシーンで唐突に始まる星の王子さま風ファンタジー描写。もしかしてこれは泣く作品ではないのではないか?(一応すすり泣く声はポツポツと聞こえてきましたが。) そんなわけでイマイチ感情移入できないまま終わってしまいました。また、「ヒロインが病気で死んでしまう」というシチュエーションから君嘘を思い浮かべてしまいます。君嘘はそのまま病死ENDでしたが、本作は残された時間を突如奪われるという状況を演出したかったのかな?

実写版のほうが評判がいいみたいなので、また機会があればそちらも観てみたいと思います。酒を飲んでるシーンは面白かったんですけどね。(劇中では酒とは言ってませんでしたが、明らかに酒だよなぁw)

※ ところで恭子が共病文庫を読むシーンですが、右開きであるはずの共病文庫を左開きで読んでいたのは演出上何か意図があるのか単にミスなのか気になります。他にも「立ったまま全部読んだのかな?」とか、見てて「あれ?」と思うことも。

-アニメ, 映画
-


comment

リンクが多数含まれていると表示されないのでご注意ください。(スパム対策)

CAPTCHA


関連記事

no image

かみちゅ!

ゆりえ様(;´Д`)

ハッピーベルン

ハッピーベルンを仕入れてきました。 前作よりもコンパクトでいい感じですね。 そして、今回の特典はハッピーダンスレッスンDVDです! 変身時と魔法を使うときの振り付け、そして学園天国の振り付けも詳しく解… 続きを読む

no image

地獄少女 二籠 最終回

400年の時が一気に・・・のシーンでゴルゴナに分離されて1万2000年のときが一気に襲って消え去ったトピアポを思い出してしまったのは俺だけ?w

ドラえもん のび太の恐竜2006

昨日はちょっとしたミスで見逃したドラえもんですが、今日は無事見ることができましたw 入り口でおもちゃも貰えましたよ。 今回は自走式ドラえもんです。ピー助を引っ張ると走り出します。 内容の大筋に関しては… 続きを読む

映画「竜とそばかすの姫」観てきました

未来のミライから3年。細田守監督の最新作が公開となりました! 近所のTOHOシネマズには細田守監督の歴代作品が並んでいました。 本編 電脳空間「U」 「U」はサマーウォーズのOZを彷彿とさせる電脳空間… 続きを読む