MNAの世界

ブログをリニューアルしました!コメント、リンク、ツイートなどはお気軽にどうぞ。

DDR

[Stepmania] 譜面製作者ごとのオフセット調整機能追加

投稿日:2008年10月17日 更新日:

Stepmaniaは音ゲーであるが故に付きまとう問題があります。
それは「タイミングは環境に依存する」と言うこと。

環境の違いによるずれが発生する原因としては、

1. マシンパワーの差
2. 入力デバイスのレスポンスによる差
3. 液晶などによる表示タイミングの差

などが挙げられます。

このうちの3については音とのタイミングが合っていればとりあえずよしとできるでしょう。
(DDRXのロケテ時と似たような状況ですね。)
厄介なのは1と2。
例え同じマシンでも、デバイスがキーボードとマットではレスポンスが違うことも多く、マシン間の特性によっては余裕で50ms以上ずれたりします。

時々ステマニスレで「あと何ms早くしたほうがいいよ」と言ったアドバイスをしている方がいますが、大変お気の毒ですが両者の環境が全く同じで無い限り時間の無駄でしかありません。
貴重な時間、もっと有意義に使ったほうが良いと思われます。

上記理由により、当方製作の曲を会場のマシンでプレイすると、かなりタイミングが遅くなってしまっています。
これまでもプレイヤー数名から「判定が遅いのでは?」と言う指摘を受けてきましたが、結論から言うとずれています。
その証拠に、当方の製作環境 = プレイ環境であった「おジャホイっ!4」ではタイミングに問題は無かったはずです。
逆に言うと、他のメンバが作った曲の判定はその分早くなってしまっていたわけですが・・・

製作者としても、自分の意図したタイミングで踏んでもらえないのはイマイチです。
なんとかして環境の違いを吸収する必要があります。

通常、環境の違いによるタイミングの差は「StepMania.ini」内にある「GlobalOffsetSeconds」を調整し、一律にタイミングをずらすことができます。
しかし複数人で製作している場合、自分の曲に合わせて一方的に GlobalOffsetSeconds を変更してしまうのはまずいです。

そこでsmファイル内の「#CREDIT」に記述された名前ごとにオフセットを調整する機能を追加してみました!!!
これによって全員が自分の意図したタイミングで踏んでもらえるように調整することが可能です。

次回のぷにケットでは、バッチリEXTREME基準のタイミングで踏めるようになっているはずですのでお楽しみに☆

-DDR
-,


  1. 青っぽい人 より:

    歪みねぇな。

  2. MNA より:

    まっすぐにね♪

関連記事

Stepmaniaの操作形態をアーケードと同じにしよう!

プリンセスフェスタ3にて宣言した「DDRの操作形態をアーケードと同じにしよう作戦」のデバイスの要となる照光式押しボタンが届きました! もちろんアーケード版で使われているものと同じです! プログラムのほ… 続きを読む

本日のDDR

Beautiful Inside SP激 AAA Chance and Dice SP激 PFC dazzle SP激 PFC Slip Out SP激 AAA Blue Rain SP激 AAA

【DDR】Healing-D-Vision 鬼

そう言えば折角解禁されたのにまだやってなかったのでシャレで選んでみることに。 序盤はごちゃごちゃしてますが、とりあえず通過。 ソフラン後も気合で突き進む! お、意外となんとかなる!? そして、魔の超絶… 続きを読む

本日のDDR

PFCじゃない鳥は沢山あるけど、今日もグレ1デーだったので写真はこれだけw Reach Up SP踊 AFRONOVA SP激 結構頑張った! 横向きのところがいい感じに入った! でも終盤gdgdw … 続きを読む

Stepmaniaの操作形態をアーケードと同じにしよう!その2

先日仕入れたボタンの取り付けがほぼ完了し、次回のぷにケット14への投入は確実に! パネル前面ももう少しそれっぽくなる予定なので、当日会場に来られる方は楽しみにしておいてくださいw