MNAの世界

ブログをリニューアルしました!コメント、リンク、ツイートなどはお気軽にどうぞ。

ふたりはプリキュア

MaxHeart2 3回目&サントラレビュー

投稿日:2006年1月14日 更新日:

MaxHeart2の3回目を見てきました。
2回目を見てから結構間が開いてしまいましたが、その間にサントラを聴いていたため、劇中の曲はすでに聴きなれたものとなっていました。

その聴きなれた曲が、映画館の大音響で聴くことができる。
それは冒頭の曲を聴いただけで鳥肌が立つぐらいです。
ラストのシーンに至っては初回を見たときよりも感動がより強くなっていました。
それほど音楽の力と言うのは偉大なものなのですね。

先ほども述べたように2回目を見てからサントラを聴くまで多少間があったのでどの曲がどのシーンに対応するかは完全に覚えていなかったのですが、3回目を見たことによりようやくバインドが完了しましたw

と言うわけでサントラの簡単なレビューも行いつつ、感想を。
コミック版を読むときはサントラを流しながら該当のシーンを読むと効果覿面です!
是非お試しあれ。


■ 雲の園のテーマ

すでに聴きなれた曲のひとつとなりました。これから何かが始まろうとする、そんな曲です。

■ ひなたのテーマ -誕生

ひかりちゃんの手の中でひなたが生まれる冒頭の重要シーン。劇場版ではなぎほのよりも先にひかりちゃんが登場するところにも注目です。そしてこのままOPに突入するのですが、サントラもOPはここに入れたほうがよかったのではないかと思います。

■ Crystal

五條真由美さんの歌う挿入歌です。劇中では有線か何かの曲として3回ほど流れます。コマ切れ状態なのが残念!

■ ひかりの危機

雪だるまザケンナーに襲われピンチ!珍獣2匹とひなたを連れて逃げるのは大変そう・・・

■ ルミナス変身

聴きなれた変身の曲ですね。劇中では途中でハーティエルブローチェの曲に切り替わりますが、サントラでは最後まで聴けます。

■ ハーティエルブローチェ

これも神々しさ溢れる、ハーティエルブローチェの装着シーン。実はハーティエルが増えるにしたがって、まわりの光の数が増えていっています。

■ プリキュアVSザケンナー

プリキュアの攻撃に見とれているルミたんがステキです。しかし、すぐに異変に気づきます。

■ ルミナス・ハーティエル・アンクション

動きがあっていないプリキュアのふたりを先導!劇場でははじめてのアンクションです!

■ 雲の園へ

なんだかよくわからないまま雲の園へ連れて行かれます。しかも浴衣のままで。枝にしがみついているひかりちゃんがまたかわいいんですよ☆

■ 凍る心

ホワイトに氷の心が植え付けられてしまいます。
果たしてどうなってしまうのか!?

■ ブラックVSホワイト

ブラックにも氷の心が植え付けられてしまいます。
ふたりの悲しい戦いがはじまる・・・
同時にルミたんのピンチも描かれます!

■ かえってきたふたり

ふたりの熱い友情は凍った心をも溶かす!!!

■ 悲愴なルミナス

力を振り絞って氷の檻を引っこ抜きます!健気過ぎます(;_;)

■ ルミナスを救え

ひなたを抱きかかえ、自ら盾になろうとするルミたん。もう健気度MaxHeart!!!

■ 勇気をふりおこして

スノボーでルミナスを助けに向かうシーンです。ふたりの呼吸はバッチリです!

■ 友情の戦い

例え何度倒されても立ち上がるプリキュアのふたり!
決め台詞が泣かせます!しかし!!!

■ プリキュア・スーパーバージョン

ひなたが最後の力を振り絞り、プリキュアをパワーアップさせます!
それはフリーズンとフローズンをも圧倒する力!

■ 復活!マーブル・スクリュー・マックス・スパーク!!

漫才コンビと化したフリーズンとフローズン、
もはや心がひとつとなったプリキュアにかなうはずはありません。

■ めざめのとき

冒頭の曲と同じフレーズですが、物悲しい雰囲気です。ひかりちゃんがやさしくひなたに語りかけます。ひかりちゃんが落ち込んでいるときに、ひなたが一生懸命飛ぼうとしているのを見て勇気付けられたこと、ひなたを守るために大勢の人たちが頑張り、今度はひなたがそれを守る番である事、ひかりちゃん、そしてみんなもひなたに力を与えます!そのとき、ひかりちゃんが光り輝き、スーパールミナスへと変身!!!シャイニエールバトンを使ってひなたを復活させます!!!!!

時間にして約4分30秒のシーンなのになんと長く感じたことか。最後に出てくるルミたんはあまりにも神々し過ぎます。本編のラストをも想像させるようで、あれ・・・スクリーンがぼやけて・・・

■ 空を舞うつばさ

ひなたに乗って虹の園へ帰ります。ひかりちゃんの嬉しそうな表情がたまりません。

■ さようなら、ひなた

ひなたとのお別れのシーンです。ずっと友だち、なにがあっても信じあえる友だち。

■ その空のどこかに

ラストシーンはひかりちゃん登場です。まさにひかりちゃんにはじまり、ひかりちゃんに終わる。そんな映画でした。

-ふたりはプリキュア
-


  1. まるっさ より:

    初めまして。ヒカルミの世界さまのブログより来ました、まるっさです。

    僕も映画共々このサントラがお気に入りで、20以降を何度も繰り返し聴いていたりしてます。
    『ブラックVSホワイト(TV版”手強い相手”)』や『勇気をふりおこして(”特訓”)』『友情の戦い(”プリキュア登場”~”わきあがる闘志”)』と、テレビでおなじみの曲も相変わらずグレードアップされてて良いです。この中ではシーンとの相乗効果もあって『勇気をふるいおこして』が良いですね。コーラスの入ったマックススパークも♪
    でも一番はやはり『めざめのとき』でしょうか。特にメップルたちが飛び出してくるあたりが一番泣けてきます。
    ・・・確かにひかりちゃんで始まりひかりちゃんで終わった作品だったのかも知れませんね。

  2. MNA より:

    コメントありがとうございます。
    劇場版ではそれぞれのシーンに合うように全ての曲が作られているので、普段TVで使われている曲でもかなりグレードアップしたような印象を受けますね。
    残念ながら当方はTV版サントラを持っていませんが(映画は前作と今作のを持っています)、プリキュアは熱い曲が多いのでまた手に入れたいと考えています。

    「めざめのとき」は本当に泣けますね。
    ルミナスちゃんの語りから最後の神々しいでは形容しきれないあの姿が出てくるまで視界がゆがみっぱなしでした。
    これを見て、本編の最終回もますます気になるところです。

  3. MNAさん、お世話になっております。
    ここは少し前の記事ですが、プリキュア関連の記事の最新なので、ここへ書かせていただきます。

    本日さきほど、拙ブログに新AMDのURLを貼りましたので、またMNAさんのサーバへの保存をお願いしたく参上いたしました。

    ここにも、同じURLを貼っておきます。これはメシタキさんのサイトのページらしいです。本当にメシタキさんが手伝ってくださっていなかったら、このMADの公開は最終回に間に合っていませんでした。

    http://hadakadenkyu.web.infoseek.co.jp/movie1501.zip
    pass:hikarumi

    それではよろしくお願いいたします。

  4. MNA より:

    ども、お世話になっております。

    新作MADの完成おめでとうございます。
    早速、当サーバへアップさせていただきました。
    感想などはまたそちらのブログにて書き込みさせていただきますね。

    とりあえず連絡まで。

  5. サーバへのアップありがとうございました。
    非常に助かります。

    容量がこれまでの倍近くあるので、負荷がかかり、ご迷惑をおかけしますが、しばらくよろしくお願いいたします。

    取り急ぎお礼まで

  6. MNA より:

    光回線な故にひかりちゃんはそれほど負荷の割合が高くないので大丈夫ですw
    これからも新作の度にアップさせていただきますね。

関連記事

no image

ひかりたんCD 発売決定!

CD TV ふたりはプリキュア マックスハート キャラクターミニアルバム 九条ひかり(シャイニールミナス)(仮  www.animate-shop.jp404 – ドキュメントが見つかりませ… 続きを読む

和歌山マリーナシティ 特別ショー

今日はプリキュア特別ショーを観るために和歌山マリーナシティへ出撃! しかし!早朝出発と言うこともあり、ひかりたんはリアルでは見られず・・・(´・ω・`) こうなったら朝見られなかった分楽しまねば! 現… 続きを読む

ひらパー スペシャルショー その2

マーブルファンタジーに入ると、まずは3人がお出迎えです。 TAKOカフェもあり、すぐそばにはエプロン姿のひかりたんもいます。 奥のほうには闇の方々4人 + あのお方の等身大の絵が貼ってありました。 ウ… 続きを読む

no image

ピュアン

玄箱再構築が明け方までかかったので午前休。 出勤前にTVをつけたら笑っていいともをやっていました。 すると俺が見るのを狙い済ましたかのように「ルミナスになりたい!」と言う娘が出現。 何と言うほほえまし… 続きを読む

映画 ハートキャッチプリキュア 花の都でファッションショー・・・ですか!?

なんかレイトショーでやってるみたいだったので見てきました! 子どもがメイン(多分)のはずの映画でもしっかり魅せてくるのがさすが栗山先生と言ったところでしょうか。 大谷ボイスもいっぱい聞けて良かったw … 続きを読む