Zen-Ichi

データをJSONに追い出そう作戦

投稿日: 投稿者:

折角リメイクするのだからエンジン部分にもできるだけ今風の思想を取り込んでいこうという方針で進めています。その一つにデータのJSON化があります。手始めにまずスプライトパターンの定義をJSON化してみました。

今だから言えることですが、オリジナルのZen-Ichiでは画像と音以外のデータはほぼ全てソースコードに埋め込まれていました。本来ならテキストファイルなどに定義して追い出すべきだったのですが、何しろ20年ぐらい前の話なものでそこまで手が回っていませんでした。(学校でスーファミのゲームを作っていた影響でなんでもかんでもROMに埋め込む思想が植え付けられていたのも関係あるかもしれませんw)

そんなわけであれよあれよと言う間にスプライトの定義データが肥大化、ソースコードのかなりの割合を占めている有様でした。これが追い出せただけでも可読性が大幅に上がる上に、アプリをビルドし直さなくてもデータの変更及びリロードが可能となりました。一体何周遅れかということをやっていますが、実際動かせると嬉しいものですね!アプリのサイズも小さくできますし。

ちなみにJSONパーサにはRapidJSONを採用しています。色々あるライブラリから何故これを選んだかと言うとcerealというC++シリアライザーの導入を検討していたからです。(cerealはRapidJSONを内部で使用している。)
しかしながら当のシリアライズ機構は今の所オミットの方向なのですがw

ただ、JSONにも短所はあります。
一つは四則演算が使えないこと。ビットマップデータのどの位置から読み出すか定義する場合には四則演算があると便利です。
あとはコメントが使えないことですかね。一応文字列オブジェクトとして埋め込むことも可能ではありますが。

-Zen-Ichi
-


comment

リンクが多数含まれていると表示されないのでご注意ください。(スパム対策)

CAPTCHA


関連記事

no image

弾幕スクリプト

— MNA — 弾幕スクリプトを本格的に作成する。今まで敵のルーチンの中にカリカリ書いてたんだけどやっぱり効率悪いっす(^^; と言うわけで作成。授業中に考えたルーチンをコーデ… 続きを読む

no image

リプレイずれ

— MNA — 今回は数名の方にリプレイを送ってもらい、それをもとに調査を行っていました。 しかし、これには落とし穴があったのです・・・ リプレイずれが起きて、かさらさまに途中… 続きを読む

no image

コミックマーケット76 開催!

— MNA — 今回は告知していました通り、Zen-Ichi高解像度版のテスト版を頒布していました。 製作進行速度が遅いにも関わらず、温かい言葉の数々ありがとうございます!!!… 続きを読む

no image

Zen-Ichi 高解像度化 途中経過 その4

— MNA — 以前から少しずつ進めていた画像の分割がようやく完了。 メモリ使用量の負担はかなり軽減されました。 さて、ここからようやく高解像度画像への置き換えと、月ステージの… 続きを読む

no image

火の粉が

— MNA — 撃ちこみの爽快感を増大させるためにショットがあたったときに火の粉が飛び散るようにしました。張り付いて撃ちこむと物凄い量がバラバラと飛び散ります!これにより、視覚… 続きを読む