ふたりはプリキュア

ここは光に満ち溢れたMNAの世界。コメント、トラックバック、リンクはお気軽にどうぞ。

『アイマス』スピンアウト4コマ『ぷちます!』


CONTENTS
■同人ソフト(Software)
 Equinox
 ■Equinox Development
■ゲーム(Games)
 MOTHER OnLine
 ■MOTHER OnLine

<<  2010年12月 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

2006年04月16日(日)
ビジュアルファンブックVol.2の詳細発表
2006年04月13日(木)
「ふたりはプリキュア マックスハート」ベスト!!
2006年03月20日(月)
MaxHeartの企画盤
2006年02月23日(木)
たのみこむ にて
2006年02月09日(木)
MaxHeart もうひとつの最終回
2006年01月29日(日)
ふたりはプリキュアMaxHeartが最終回を迎えました
2006年01月25日(水)
MaxHeart本編のサントラ発売
2006年01月21日(土)
ハッピーセットとマックカード
2006年01月15日(日)
MaxHeart2 4回目!満員御礼!
2006年01月14日(土)
MaxHeart2 3回目&サントラレビュー

最新のコメント
。。・゚・(ノД`)・゚・。
by Coconut-TI
at 2010/09/22/00:26:15
お久しぶりです〜
by LA-ZE
at 2010/08/05/16:18:39
パネルは3ミリのものを使用してい..
by MNA
at 2010/04/23/09:58:56
某所から飛んできましたー
by まつりななし
at 2010/04/22/00:02:19
なるほど!その手がありましたね。
by MNA
at 2010/04/04/16:57:21
>すると途端に 桜 Trigger 2連発..
by NAYO
at 2010/04/04/14:53:02
これまでいろいろ自作のパネルを見..
by MNA
at 2010/03/31/21:14:47
DDRerなら一度は?自作パネルに憧..
by NAYO
at 2010/03/30/23:48:29
実はSFC版ではモンスターをまとも..
by MNA
at 2010/02/21/23:51:00
もちろんわかりますよw
by MNA
at 2010/02/21/23:49:17
とりあえず、モンスターが仲間にな..
by おひ☆
at 2010/02/21/23:43:03
お疲れ。
by おひ☆
at 2010/02/21/23:41:29

最新のトラックバック

カテゴリー一覧
けいおん!(12)
どうぶつの森(28)
同人(16)
DDR(320)
アイドルマスター(465)
MOTHER(27)
アニメ(40)
PC(123)
ゲーム(78)
映画(23)
イベント(88)
おジャ魔女どれみ(15)
ふたりはプリキュア(88)
麻雀(85)
日記(352)

ブログ系リンク
阿波瑠璃光寺
ブログ版

MMQ's HOME
ブログ版

行政書士亀井事務所
ブログ版

毒電波発信基地

徒然日記

FACT_Dのネット文章工房@もと探偵志望

昼休みのアニメ感想文

Monkey Files

バガミミのBar

九条ひかり&シャイニールミナスと運命を共にするブログ

Game University -GURebirth-

へっぽこシューター日記

〜SyoのBlogなのです〜

ビジュアルファンブックVol.2の詳細発表
ふたりはプリキュアマックスハート ビジュアルファンブックVol.2
http://member.toei-anim.co.jp/tv/precure_MH/news_topix.html

MaxHeartのビジュアルファンブック2の詳細が公開されました。
今回も前回と同じく、上北ふたご先生の書き下ろしマンガ(どんな内容なんだろ(^^;)があるようです。
もちろんポスターやカードも付いてくるようですよ。
カードの絵柄はほのかのようです。

幼ひかりちゃんは・・・やはり存在しないのかな(^^;
クイーン憑依説なども囁かれていましたが、結局本編では謎のままでしたからねぇ。
2006年04月16日(日)   No.773 (ふたりはプリキュア)

「ふたりはプリキュア マックスハート」ベスト!!
「ふたりはプリキュア マックスハート」ベスト!!
http://www.ongakudb.com/contents/news.aspx?code=0604068

例の企画盤(?)の詳細が明らかになりました。
やはりと言うか、総集編みたいなCDになるようですねぇ。
企画モノと言うからドラマとか入ることを期待していたのですが残念。


当サイトは、なかよし版プリキュアのコミックス化実現要望企画を応援しています。
2006年04月13日(木)   No.770 (ふたりはプリキュア)

MaxHeartの企画盤
CD ふたりはプリキュア マックスハート:Bestソング集
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1372970

これは以前企画盤と言うタイトルで発表されていて延期になっていた分でしょうか?
Bestソング集と言うことはこれまでの寄せ集めになるのかなぁ。
新録のドラマとかあるといいんですけど。


当サイトは、なかよし版プリキュアのコミックス化実現要望企画を応援しています。
2006年03月20日(月)   No.718 (ふたりはプリキュア)

たのみこむ にて
発案内容 なかよし版「ふたりはプリキュアMaxHeart」コミック
http://www.tanomi.com/metoo/naiyou.html?kid=56419

たのみこむにて、なかよしで連載されていた上北ふたご先生のコミック版、ふたりはプリキュアMaxHeartの単行本化が発案されました!

コミック版の連載は無印当初から続いており、単行本としては 無印(書き下ろし + なかよしの短編をいくつか)とMaxHeartの映画版2作が発売されていますが、残念なことになかよしで連載されていた作品(無印の大半とMaxHeartの全て)が未だに単行本化されていません。
TV版ではどうしても戦闘と言う縛りがある中で話が進行しますが、コミック版は短編と言うこともあってか、完全に何気ない日常にスポットを当てており、本編を補完するような重要な位置付けにあります。

上北先生はキャラクタの特徴を非常によく捉えており、動かし方も見事です。
プリキュアはメディアミックスものの中では比較的珍しいかもしれない、コミカライズに恵まれた作品と言えるでしょう。
しかし、単行本には何故か全ての話が収録されず、またコミック版の知名度自体も低いのではないかと思われます。
実に勿体無い話です。

ここはひとつ、同士で力を合わせ、コミック版完全収録の道を切り開きましょう!
2006年02月23日(木)   No.669 (ふたりはプリキュア)

MaxHeart もうひとつの最終回

テレビ絵本最終巻である、7巻が出ていたので買ってきました。
発刊日を見ると、テレビ版の最終回よりも一足早く出ていたようです。
最終回と言えばほかにも、たのしい幼稚園のやたらあっさりしたラストや、番外編であるなかよしの最終話が浮かびますが、こちらはテレビ版に一番近い流れのようです。

大まかな流れは大体同じなのですが、ひかりちゃん、そしてなぎほのが変身時以外は何故だか常時制服を着ています。
また、バルデスを倒す時点ではまだシークンはチェアレクトに入っておらず、最後のシーンの手前で出てきます。

「クイーンがよみがえれば、ひかりがきえてしまうです・・・」と言いつつ、次のページではテレビ版と同じくみんな一緒・・・なのですが、テレビ版ではこうなった理由については特に何も説明はされていませんでした。

しかし、絵本ではこう記されています。
「ところが!ひかりが きえる ことは ありませんでした。ポルンと ルルンの ちからで、クイーンと ひかり、どちらも のこしたのです。」

なんやかんやで珍獣の超能力が発揮されていたようですね。
絵本とは言え公式に出ているものなので、最終回の解釈を行うキーのひとつとして考慮するのもありかも知れません。
2006年02月09日(木)   No.626 (ふたりはプリキュア)

ふたりはプリキュアMaxHeartが最終回を迎えました
ついに迎えた最終回。皆様はどうお感じでしょうか?

当方は未だになんか実感がわかないと言うかそんな状態が続いています。
最終回の後は当分抜け殻のようになっているんじゃないかと思ったりしてました。
最後はお別れになる可能性のほうが圧倒的に高かったわけですからねぇ。
しかし・・・

少し時を遡って、最後となるエキストリームルミナリオのあとの卒業式のシーン。
サントラのジャケットではひかりちゃんもなぎほのと一緒にいましたが、本編では姿を見ることができませんでした。
こ・・・これは完全に別展開か!?まさかすでに!?

と思った次の瞬間、背景に一瞬映ったのは、タコカフェの看板に書かれた"akane & hikari"の文字。
お!?と思った瞬間、アカネさんが登場したことにより隠れてしまいました。
むむ、これは演出のひとつなのか!?

ここでもし"hikari"の文字が消えていたら・・・
またはアカネさんが正気(?)に戻って、ひかりちゃんのことを思い出すシーンでもあったりしたら・・・

でも、結局闇の4人以外は誰ひとり消えることはありませんでした。
ひかりちゃんはいつもと変わらず、タコカフェでたこ焼きを運んでいます。
あのお方まで新しい居候として登場しています。
そしてメポミポポポルルも。クイーンも普通に復活。
ほのかのフランス行きの話もあれ以来触れることがありませんでした。

クイーンが復活したらひかりちゃんは消える設定はどうなったのか!?
とか、いろいろ謎が尽きない最終回となりましたが、でもいいんです。
ずっとそこに居てさえくれれば。
ひかりちゃんの居場所、タコカフェがそこにある限り。

ひかりちゃん、1年間ありがとう。
そしてこれからもよろしく!

To be continued...
2006年01月29日(日)   No.595 (ふたりはプリキュア)

MaxHeart本編のサントラ発売

ふたりはプリキュアマックスハート オリジナル・サウンドトラック プリキュアサウンドスクリュー!Max!!Spark!!

1 DANZEN!ふたりはプリキュア ver.MaxHeart (TVsize)
2 いつもの道でいつもの顔と
3 サブタイトル
4 ひかりのテーマ
5 学園生活はドキドキ!?ワクワク!!
6 闇の策謀
7 プリキュア変身 MaxHeart!
8 シャイニールミナス変身
9 ハーティエルバトン
10 プリキュア・マーブルスクリューマックス
11 大切な想い
12 クイーンチェアレクト
13 クイーンの生命
14 闇の館
15 ドツクゾーンの脅威
16 三人の絆
17 ムリムリ! ?ありあり!!INじゃあな〜い?! (TVsize)
18 予告用音楽
19 アイキャッチ・ハーティエル
20 アイキャッチ・ポルン
21 ルルンのテーマ
22 ハーティエルブローチェ
23 めざめる新しい力
24 宿命の出会い
25 青春まっさかり
26 ハーティエルたち
27 邪悪の胎動
28 ザケンナー登場!
29 スパークルブレス
30 プリキュア・マーブルスクリューマックス・スパーク
31 よみがえる悪夢
32 決してあきらめない
33 希望の光
34 DANZEN!ふたりはプリキュア ver.MaxHeart 〜インストヴァージョン〜
35 空を見上げて
36 ロマンス
37 友情はいつまでも
38 ワンダー☆ウインター☆ヤッター!! (TVsize)
39 旅立ちの朝に


ようやくMaxHeart2の本編のサントラが登場です!!!
今回は時期が時期なだけに、ジャケットからして注目度バツグンです!

まずは手にとって、裏側を見てみてください。
なぎほのの中等部卒業シーンと思われるイラストが載っているのですが、ひかりちゃんもちゃんといます!!!

本編では最終回を目前に控え、ひかりちゃんはこれからどうなってしまうのか!?
と不安要素が尽きない展開となっていますが、少なくとも卒業式を一緒に迎えられそうと言うことがわかり、これを見て少し安心できたような気がします。
本編と内容がリンクしていればですが・・・
2006年01月25日(水)   No.571 (ふたりはプリキュア)

ハッピーセットとマックカード

マクドのハッピーセットでプリキュアのおもちゃ&シールが貰えるとのことで行ってみました。
さらにMaxHeartな絵のマックカードも売っているとか!?

そう言えばマックカードって金券ショップではときどき見かけるけど、実際に買ったことが無いなぁ・・・
カウンタで言えば出てくるんだろうか?
と思いつつ、そこらのマクドに入ると・・・
普通に自販機で売ってました。
とりあえず2枚ほどGET!

続いてハッピーセットの注文。
メインメニューが何種類かの中から選べるみたいですが、スタンダード(?)にチーズバーガーを選択。
おもちゃは20日ぐらいから第2段に入れ替わったようで、プリキュア関連はポルンしかありませんでした。
それにしてもでかい!!!
いつぞやのハッピーセットでついてきたハム太郎のぬいぐるみを思い出します。
てっきりストラップサイズかと思っていただけに、意表を突かれた感じです。

そして更に、Splash☆Starのシールもついてきます・・・が、一緒にいた友人はこれが新キャラだと気付かなかったようです。
やはり似すぎなのか(^^;
2006年01月21日(土)   No.553 (ふたりはプリキュア)

MaxHeart2 4回目!満員御礼!

今日は夕方までに用事が終わったのでMaxHeart2の4回目を見に行くことに。
昨日はガラガラだったし、もう20日で終わりだし、こんなもんかなと
10分前ぐらいに着くように出発したら・・・

なんと、ほぼ満員だった!

この映画館は約140人収容できます。
当方は101番でしたし、まだその後も親子連れが結構来ていたので
ほぼ満員だったのは間違いないでしょう。
ロビーの人口密度が高いです!
やはり最後の日曜だから来た人が多かったのかな?

と言うわけで前作のときのように空いてる席を探すのに苦労しましたが、
プリキュアの底力を見たようで非常に良いことですね。

ただ、満員の状態での宿命なのが、30分もすればお子様がそわそわし始めることですね。
後ろから何度もどつかれました(^^;
入り口に立っていたはずのチキンリトルもひっくり返ってたし(^^;;;
まあ仕方の無い話ですけどね。

さて、映画館で見られるのもこれが最後かな・・・
DVDの発売が待ち遠しいところです。
2006年01月15日(日)   No.538 (ふたりはプリキュア)

MaxHeart2 3回目&サントラレビュー
MaxHeart2の3回目を見てきました。
2回目を見てから結構間が開いてしまいましたが、その間にサントラを聴いていたため、劇中の曲はすでに聴きなれたものとなっていました。

その聴きなれた曲が、映画館の大音響で聴くことができる。
それは冒頭の曲を聴いただけで鳥肌が立つぐらいです。
ラストのシーンに至っては初回を見たときよりも感動がより強くなっていました。
それほど音楽の力と言うのは偉大なものなのですね。

先ほども述べたように2回目を見てからサントラを聴くまで多少間があったのでどの曲がどのシーンに対応するかは完全に覚えていなかったのですが、3回目を見たことによりようやくバインドが完了しましたw

と言うわけでサントラの簡単なレビューも行いつつ、感想を。
コミック版を読むときはサントラを流しながら該当のシーンを読むと効果覿面です!
是非お試しあれ。


■ 雲の園のテーマ

すでに聴きなれた曲のひとつとなりました。これから何かが始まろうとする、そんな曲です。

■ ひなたのテーマ −誕生

ひかりちゃんの手の中でひなたが生まれる冒頭の重要シーン。劇場版ではなぎほのよりも先にひかりちゃんが登場するところにも注目です。そしてこのままOPに突入するのですが、サントラもOPはここに入れたほうがよかったのではないかと思います。

■ Crystal

五條真由美さんの歌う挿入歌です。劇中では有線か何かの曲として3回ほど流れます。コマ切れ状態なのが残念!

■ ひかりの危機

雪だるまザケンナーに襲われピンチ!珍獣2匹とひなたを連れて逃げるのは大変そう・・・

■ ルミナス変身

聴きなれた変身の曲ですね。劇中では途中でハーティエルブローチェの曲に切り替わりますが、サントラでは最後まで聴けます。

■ ハーティエルブローチェ

これも神々しさ溢れる、ハーティエルブローチェの装着シーン。実はハーティエルが増えるにしたがって、まわりの光の数が増えていっています。

■ プリキュアVSザケンナー

プリキュアの攻撃に見とれているルミたんがステキです。しかし、すぐに異変に気づきます。

■ ルミナス・ハーティエル・アンクション

動きがあっていないプリキュアのふたりを先導!劇場でははじめてのアンクションです!

■ 雲の園へ

なんだかよくわからないまま雲の園へ連れて行かれます。しかも浴衣のままで。枝にしがみついているひかりちゃんがまたかわいいんですよ☆

■ 凍る心

ホワイトに氷の心が植え付けられてしまいます。
果たしてどうなってしまうのか!?

■ ブラックVSホワイト

ブラックにも氷の心が植え付けられてしまいます。
ふたりの悲しい戦いがはじまる・・・
同時にルミたんのピンチも描かれます!

■ かえってきたふたり

ふたりの熱い友情は凍った心をも溶かす!!!

■ 悲愴なルミナス

力を振り絞って氷の檻を引っこ抜きます!健気過ぎます(;_;)

■ ルミナスを救え

ひなたを抱きかかえ、自ら盾になろうとするルミたん。もう健気度MaxHeart!!!

■ 勇気をふりおこして

スノボーでルミナスを助けに向かうシーンです。ふたりの呼吸はバッチリです!

■ 友情の戦い

例え何度倒されても立ち上がるプリキュアのふたり!
決め台詞が泣かせます!しかし!!!

■ プリキュア・スーパーバージョン

ひなたが最後の力を振り絞り、プリキュアをパワーアップさせます!
それはフリーズンとフローズンをも圧倒する力!

■ 復活!マーブル・スクリュー・マックス・スパーク!!

漫才コンビと化したフリーズンとフローズン、
もはや心がひとつとなったプリキュアにかなうはずはありません。

■ めざめのとき

冒頭の曲と同じフレーズですが、物悲しい雰囲気です。ひかりちゃんがやさしくひなたに語りかけます。ひかりちゃんが落ち込んでいるときに、ひなたが一生懸命飛ぼうとしているのを見て勇気付けられたこと、ひなたを守るために大勢の人たちが頑張り、今度はひなたがそれを守る番である事、ひかりちゃん、そしてみんなもひなたに力を与えます!そのとき、ひかりちゃんが光り輝き、スーパールミナスへと変身!!!シャイニエールバトンを使ってひなたを復活させます!!!!!

時間にして約4分30秒のシーンなのになんと長く感じたことか。最後に出てくるルミたんはあまりにも神々し過ぎます。本編のラストをも想像させるようで、あれ・・・スクリーンがぼやけて・・・

■ 空を舞うつばさ

ひなたに乗って虹の園へ帰ります。ひかりちゃんの嬉しそうな表情がたまりません。

■ さようなら、ひなた

ひなたとのお別れのシーンです。ずっと友だち、なにがあっても信じあえる友だち。

■ その空のどこかに

ラストシーンはひかりちゃん登場です。まさにひかりちゃんにはじまり、ひかりちゃんに終わる。そんな映画でした。
2006年01月14日(土)   No.537 (ふたりはプリキュア)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2010年 /
01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2009年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2008年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2007年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2006年 / 01月 / 02月 / 03月 / 04月 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2005年 / 05月 / 06月 / 07月 / 08月 / 09月 / 10月 / 11月 / 12月
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Admin TOP
shiromuku(fs4)DIARY version 3.44


当サイトへのリンクはフリーです。当サーバ内の文章及び画像の無断転載はご遠慮ください。
mna.netのロゴはMMQ氏に作成して頂きました。